過ぎたるは及ばざるがごとし。

身体の不調は気の不足により引き起こされます。

若い時には気力、体力、精神力などの差が少なくても

30405060代、、、

と年齢を重ねるごとに

気を効率よく使った人

気を浪費した人

とでは気力、体力、精神力など心身のあらゆる状態に大きな差が出てくるのです。

「疲れ」とは、なんでしょうか。

「疲れ」とは、やり過ぎる事です。

エネルギーの浪費とも言えます。

また、効率が悪い状態とも言えます。

「疲れ」と言う身体のサインを感じた時は、

効率を見直す時でもあります。

この「疲れ」実は、

成長期と成長期を過ぎてからでは異なります。

何が異なるか、と言うと

「疲れ」を認識できる時期が異なるのです。

成長期は、エネルギーを使い過ぎた時に、その場ですぐに「疲れ」を認識できます。

しかし、

成長期を過ぎると、エネルギーを使い過ぎた時に、その場ではすぐに「疲れ」を認識できません。しばらくたってから分かるのです。

筋肉痛になった時を思い浮かべてみて下さい。

若い頃は、過度な運動を行うとすぐに筋肉痛になります。しかし、年齢を重ねると共に、筋肉痛は忘れた頃に現れますよね。それと同じです。

だから、年齢を重ねるほどに

●1日ごとに「疲れ」=やり過ぎた事を認識する様にこころがけ、

疲れをケアし、

効率良く行動出来る様に修正する事

が重要です。

やり過ぎ=効率が悪い=疲れる

効率が良い=疲れない =楽

ご自身の「疲れ」をよく見て修正していけば、

大切な気の浪費を抑えることが出来るのです。