身体の修復力

私達の身体の細胞は日々傷ついています。

そして、

その傷を日々修復しています。

では、細胞を修復するには何か必要でしょうか?

その答えは、血液です。

私たちの体内を流れる血液量は、

体重1kgあたり約80mL(体重あたり8%)です。

体重50kgの人の血液量は4Lになります。

おおよそ、この数値が理想的な血液の分量と言う事です。

この血液が

●身体の細胞ひとつひとつを創る養分を届けるとともに、

●細胞分裂や代謝により作られた老廃物の回収も行います。

血液が足りなかったり、滞っていると、細胞分裂が正常に行われず、

傷の修復も出来ない状態になります。

しかし、

●私たちの身体は血液が少なくとも、少ない血液の量で何とか運用します。

●また、血液の量は充分でも質が悪い状態でも何とか運用します。

●更に、加齢により少しずつ血液を含む身体の水分が減ってきます。

血液が少ない、血液の質がよろしくない状態が続き、加齢による水分不足が続くと

細胞は充分に修復できず、元気のない細胞が次々と出来てしまいます。

そうなると

身体全体が元気=エネルギーがなく、

実態はあるものの、

まるで「砂の城」の様にいつ崩れても(正常に機能しなくなっても)おかしくない、大変危うい状態になりかねません。

血液が理想的な分量があり、

巡りも順調であれば、

身体は日々修復され老化も病気も無縁になります。

血液と血流を同時に整え

エネルギーを得る方法

それは、太学功にあります。

家庭の医学 時事メディカル

https://medical.jiji.com/medical/027-0004-99