病気を治す、だけではもったいない。

内臓の詰まった人間は

全ての機能が歯車の様で、

すべて動かないと生きることは出来ません。


生きる強さ とは、

病気にばかり氣を止め研究するのではなく、

頑丈に動くものを研究する事こそが重要です。

身体のあらゆる機能が正常に働いていれば、

肉体的にも精神的にも

簡単には不安定になりにくく、

老化の進行が遅くなります。


太学功は「老化は病気」と捉えます。

太学功には、

病気=老化 の進行を遅らせ、

身体の新陳代謝が正常に働き、

臓器の修復力を強化させる方法があります。

病気である老化を予防する事が出来るのです。

放っておけば、肉体的にも、精神的にも

だんだんと動かなくなる身体の機能を

維持する事が出来るのです。

時計の様にきざまれている寿命、

その時計を解除する事も出来るのです。


みなさま、太学功で

ご自身の身体をいつまでも健やかにに保つ

研究を始めてみませんか?