年相応

なんとなくだるい、

身体が重い、

朝スッキリと目が覚めない、

動くとすぐ疲れる、

訳もなくイライラする、

年を重ねると共に

様々なお悩みが現れて来ます。

なんとなく不安になり

病院に行き検査をうけるものの

検査結果は特に問題がなく、

ドクターからは「検査結果は年相応です。」

と、太鼓判を押されてしまいます。

 

ただ、何となく身体が変なので一生懸命に説明してみても

「老化現象ですね。仕方有りません。」と一刀両断。

こんなお話し、よく聞きます。。。

 

残念ながら、年齢と共に血液を含む身体の水分量は減少します。

その血液が少なくなった状態で、全身に血液を循環させようとする為、

年齢とともに血圧が上がって来ます。

 

ところが、身体は頑張っているのに、病院に行くと

高血圧症と病名が付き、血圧を下げる薬がすぐに処方されます。

血圧を薬で下げれば、脳に充分な栄養が行き渡らず

しかも、老廃物が上手く排出されない状態になり

だんだんと縮み出します。

脳だけに限らず、身体全体で同じ現象が現れます。

 

太学功では、

「老化は病気」であると考えます。

だから、統計学的に年齢に対応する身体機能=年相応は

「老化が進行している」と言う紛れもない事実です。

 

身体を元気に創り直し若返る為には、

血液の容量を増やす事が必要です。

血液の容量を増やす為にはエネルギーが必要です。

エネルギーは太学功で補充する事ができます。

太学功でエネルギーを補充して

身体をしっかりと休ませ、身体を創る事がポイントです。

 

年だから、、、、、と諦めたり

まだまだやれる!!と力みすぎ、無茶をして身体をいじめ過ぎたり、

もう若くない・・・・と人生を諦め、生きる事に対して投げやりになったり、

そんな事はもう止めませんか?

 

自分の身体は自分で創れる

身体を創るサポートは太学功で得ることができます。