夜間の頻尿、新犯人は?

1日の活動を終え

安らかなる夜の就寝時、

横になりウトウトと気持ち良くなって来た時に尿意をもよおす。

こんなことありませんか?

 

この現象の真犯人、つまり原因は

●血液不足

●それに伴う血液循環の悪さ

なのです。

 

人間の身体は太古の昔より

日中は基本的に直立し動き回り、活動していました。

そして

夜になると身体を横にして休み、

内臓を中心とする身体の機能を修復していました。

 

現代の私達の身体も、昔と同じリズムと機能なのですが、

現代社会では、

日中、動き回る事は少なく、

動かないのに食品は過剰に摂取するスタイルに変容してしまいました。

 

そうなると、

動かず座った状態が長く続き、慢性的に姿勢が悪く、血流も滞る状態が続きます。

また、過剰に摂取した食物の消化の為にエネルギーを大幅に消耗し、

更に、環境ストレスや対人ストレス等で更にエネルギーを消耗しています。

 

すると、体内の血液が少なくなり、

少なくなれば、充分な血流が確保できず

夕方になると、内臓がむくみだすのです。

 

そして、就寝し、本格的に横になる時間が長くなると、

少ない血液が背骨を中心に集まり、

更に血流が滞り、むくみが加速されます。

すると、血液を中心とする水分で

パンパンに膨れ上がった腎臓が

破裂しない様に、過剰に尿を創り尿意をもよおします。

 

この状態を改善するには

血液を創る力を増す事が早道です。

血液が増えれば血流も正常に循環します。

血液を増やし血流を改善するには、ご自身のエネルギーを増やす事が得策です。

エネルギーを増やす為には

太学功の絶対療法が有効です。