丁先生特別療法で、慢性の膝の痛みを根治する展望を得た!

60代女性のMさんは、

10年以上、両膝の痛みに苦しんでいました。

医師に診てもらったところ、

「半月板が損傷していて、年齢的にも、

このような慢性の痛みの快癒は無理。

常時膝にたまる水を時折抜きながら、

だましだまし痛みと付き合うしかない。」

との診断でした。

Mさんは、体力維持を目的に、

太学功気功教室に通い、

中級コースまですすまれていましたが、

コツコツ続けていくうちに、

「太学功で気を効率良く増やして、

血液・血流を増やせば、

年齢に関係なく、

衰えた身体を再び育て、

つくっていくことができる」

という太学功の理論を納得し、

実感できるようになってきました。

そこでこの春、

「太学功なら、

医師から年齢的に無理と言われた

膝の根治が可能かもしれない」

と考えるにいたり、

きちんと気功療法を受けることを決断。

3月から気功療法を受け、

4月からは丁先生特別療法を開始しました。

表参道の会場で特別療法を受療した帰りのことです。

表参道の駅までの帰り道、

Mさんは、

両足が異様に軽い感じがして

不思議な気分でした。

また、

今までは階段を下る時、

痛い左膝をかばうために

右足だけで

一段ずつ注意深くしか降りれなかったのに、

ふと気が付くと、表参道駅の階段を、

普通にスイスイと両足で降りていたのです!

太学功の強い気の効果を

身をもって味わったMさんは、

「これをきちんと続けていけば、

私の膝も復活する

という展望を得ることができました。

あと20年は元気に動いて、

世のため人のために頑張りたいです!」

と話してくださいました。

Mさん、引き続きご一緒に頑張って、

痛みの緩和を安定させ、

根治を確実なものにして、

夢を実現していきましょう。