リウマチの血液検査の結果が驚きの数値に!

気功を始めて6ヶ月で劇的に良くなったと以前ブログでお伝えしたリウマチ歴30年余のYさん

Yさんは薬を減らしたり止めたりしながら、それ以降も施術と教室を続けてらっしゃいました。

 

リウマチとは関節が痛んだり腫れたりし、進行すると骨や軟骨が壊れてしまう病気で、自分で自分の身体を攻撃してしまう自己免疫疾患の1つです。

病気が進むと日常生活が大きく制限されるのが特徴で、またはっきりとした原因はわかっておりません。

 

Yさんも長いことリウマチとお付き合いをしながら人生を歩んでこられましたが、先日血液検査の結果をみた主治医の先生から

「これはリウマチ患者の数値ではない。リウマチが治ったと言ってよい。」

と言葉をかけてもらったそうです。

 

太学功気功のお陰だと思ったそうです。

 

変形してしまった関節が元に戻ったわけではありませんが、

こわばっていた手首や足首、首のまわりも動くようになり、

リウマチが進行してますます痛みに悩まされるといった心配はなくなりました。

 

気功療法でエネルギーが増えた新しい細胞は、自らを攻撃することなく正常に機能するようになり、次第に数値に現れたのでしょう。

 

そして練習熱心なYさんはこれを励みに益々日々努力されています。

Yさんが気功と共に穏やかに輝いて毎日を過ごされることをスタッフ一同願ってやみません。

リウマチ、膠原病など自己免役疾患でお悩みの方、ぜひ一度太学功気功までお問い合わせください。たしかな実績がここにごさいます。