うるおう瞳

ドライアイとは、

涙の分泌量が減ったり、

量は十分でも涙の質が低下することによって、

目の表面を潤す力が低下した状態の事を言います。

現在、日本では

約800~2,200万人ものドライアイの患者さんがいるといわれ、

オフィスワーカーにおいては

3人に1人がドライアイという報告もあり

年々増加傾向にあります。

 

そんなドライアイでお悩みのMさん

涙の量を調べる検査「シルマー試験」でも

かなり低めの数値でドライアイと診断されています。

たかが、眼の乾燥、

されど、眼の乾燥は生活の質にもかかわります。

朝、目覚めて目を開ける時も

大げさでなく力が必要で、

毎日最低4回は点眼薬をささなければならない程

辛い状態です。

 

ところが、

 

集中的にエネルギーを充実する功法を練習したところ

わずか1か月ほどで

「朝、眼がスット開く。」

「日中のまばたきが軽い。」

「なんだか目が潤っている。」

「1日最低4回の点眼がいらなくなってる。」

自他ともに、

瞳の潤いを実感されていらっしゃいます。

 

人間の身体は約60%が水分で出来ています。

水分の量が減れば、血液の量も減少します。

また、

常に重力の影響を受けている私たちの体では、

血液は体の下に溜まりやすく、

上半身、特に頭部には行きづらくなっています。

更に、加齢で血液の量が減ると、

血液はますます頭部へ行きずらくなります。

乏しい量の血液は、

頭部においては脳に優先的に回されます。

その分、眼へ送られる血液の量は減ります。

そうすると、

眼へ送られる酸素や栄養素が不足し

充分に涙が出ない状態になります。

Mさんはエネルギーを体内に補充して

眼の血流が改善したので、

涙が出る様になったのですね。

 

Mさん、これからも、うるうる瞳をキープして行きましょう。

参考文献:日本眼科学会ホームページ

http://www.nichigan.or.jp/public/disease/hoka_dryeye.jsp