『自然との共存』

私達の身体を健やかに保つ為に、もっとも大切なこと

それは『自然との共存』です

 

私達は自然の一部であり、

自然の中で生きて居ます。

だから、

『自然との共存』ができないと、

身体にも様々な問題が出て来ます。

身体の不調や病気は、

ゆるやかに『自然との共存』が出来なくなっている現象とも言えます。

 

私達の身体は

身体全体【体内環境】でバランスを保っています。

それと同時に、

外の環境(自然)【自然環境】ともバランスを保っています。

 

身体の【体内環境】のバランスが乱れると

様々な部分に不調が現れます。

そうなると、

身体の外の気圧や気温などを含む【自然環境】とのバランスも崩れてしまいます。

 

【体内環境】のバランスの乱れの原因は血液不足と血流の乱れです。

エネルギーに満ち、血液を創る力が保たれ、身体のどの部分にも順調に血液が流れ【体内環境】が整っていれば、私達の身体は自然と良い状態になります。

身体が良い状態を保てれば、

【自然環境】との共存も、おのずと可能になります。

 

身体全体の為にも、身体の各部分の為にも、

エネルギーを満たす事は最も大切な事です。

エネルギーを満たし、

『自然との共存』する方法は

太学功氣功にあります。