脳梗塞に遠隔療法の効果

50代後半男性のKさんは、

年明けから、ろれつがまわらなくなる症状が出ました。

あわてて脳を検査したところ、案の定脳梗塞が発見されました。さらに精密に検査し、対処するため、日をおいて入院することが決まりました。

Kさんは東北在住ですが、

遠隔療法である太学功の「特別療法」を申し込みました。

Kさんが特別療法を申し込んだのは入院直前でしたが、それから直ぐに身体に良い変化が現れ、当初の見込み入院期間が大幅に短縮されました。そして、特別療法当日はすでに退院して、ご自宅でゆったりと受ける事が出来ました。

Kさんは、場所を選ばす受ける事ができる特別療法を引き続き継続して受け、根治・体質改善を目指す予定です。