気功療法で子宮頸がんを克服

40代女性のAさん。教室の生徒さんですが、2019年6月の子宮頸がん検査で「要医療」と診断されました。

Aさんはその後頑張って気功療法を受け始め、丁先生の特別療法も毎月欠かさず受けることにしました。

もちろん毎週の気功教室にも欠かさず出席し、家でも毎日一生懸命練習を続けていました。

 

その結果、10月の検査では「異常なし」の判定。

 

嬉しい結果に、以前の検査結果と今回の結果を見せてくださいました。

癌が発生する原因としてはさまざまなことが考えられますが、身体のエネルギー不足のために細胞に十分な栄養が行き渡らず、正常な細胞が癌化することも考えられます。

太学功の気功療法は、気功師がエネルギーを患部に直接注入すると共に、身体全体の気血の流れを改善し、エネルギーを細胞に届けます。

 

もちろん癌は急になるわけではなく、生活習慣を始めさまざまな要因で正常だった細胞が癌化するわけですので、簡単に快癒するというわけではありません。

しかしAさんは、辛抱強く太学功の練習や施術を受け続け、難病である癌を克服することが出来ました。もちろん副作用による痛みや苦しみはありません。

 

氣功療法研究所には大変な病からの快癒例も数多くございます。是非一度、太学功の気功療法をお試しください。