不治と言われた交通事故後遺症が改善

60代女性のUさんは、2年前に交通事故にあってしまい、

頭部打撲、左膝骨折、腰や足首の損傷を負いました。

 

骨折等の外傷は、手術で措置しました。

骨格や組織など身体の中の状態が崩れた為、血流や神経組織機能が低下してしまい、結果として腰から両足にかけて、重いむくみや違和感などの後遺症に悩んでいます。

 

西洋医学では、これ以上の治療は無理と言われ、

周辺の筋肉をつけて、症状をごまかすしかない、

と診断されています。

 

太学功の絶対療法なら、このように潰れた空間をつくりなおし、

血流を復活させて、細胞を再生して、症状を根本から改善していくことができると聞き、さっそく気功療法を試してみました。

 

二日連続で受療し、強い気を受けたところ、

三日目の朝、事故以来腫れてむくんだままだった、

右足裏の土踏まずがすっきりしたことに気が付きました。

 

現在の医学では届かない部分まで修復できる

太学功の絶対療法の強い効果を実感され、Uさんに希望が出てきました。

このまま気功療法を継続すれば、着実に、もとの身体を再びつくっていけると感じておられます。Uさん、ご一緒に頑張っていきましょう。