老化は病気

老化は病気     

最近巷でこの言葉が聞かれるようになりました。

調べてみると、ハーバード大学ポール・F・グレン老化生物学研究センターのデビッド・A・シンクレア著書のLIFE SPAN(邦訳老いなき世界)という本の内容を元にしているようです。これによると老化は「エビゲノム」という親から子へ特徴を伝える仕組みが関係しており、この物質が傷ついたり劣化することで老化が引き起こされるので、この劣化を防いだり補修することにより、老化が食い止められるそうです。

でも皆さん、お気づきと思いますが、太学功の丁 治紅先生は以前から「老化は病気」と機会ある毎におっしゃっています。

HPで「老化は病気」と検索すると既に2018年には「老化は病気」と題してのブログが掲載されています。

そして2019年に掲示された太学功の真常識としても生徒さんに説明されています。

老化は気の不足から起こります。
太学功でエネルギーを充実させることにより老化を防ぐことが出来ます。

太学功では丁先生が常に時代の最先端の話を教室でされており、そのことがしばらくするとTVや文献で報じられることがしばしばあります。

そこでよく生徒さんが「先生のおっしゃったことは本当だったんですね。今日TVでやっていました」と言われることが多々あります。

そうです。太学功での話は本当です。

太学功は常に環境と共存・共有するために時代の最先端の情報を提供しています。